先輩社員の声

設計部

佐金 尚子
NAOKO SAGANE

設計部
2001年入社(41歳)
広島大学
工学部 第四類(建設系) 卒業
京都府出身

資格:
二級建築士
福祉住環境コーディネーター二級

ヨネダに決めた理由

ヨネダで働いてみたかった。

入社前、ヨネダのドッシリとした社屋や頻繁に入る新聞の折り込み広告が目に入る度に、「どんな会社なのだろう」と漠然とした興味を抱いていました。ですから面接で初めて会社に足を踏み入れたときの緊張は今でも鮮明に覚えています。
思い返すと「この会社で働いてみたい」という思いが強く、建築に関することであれば、仕事の内容は設計でも現場でも何でもやりますという気持ちでした。面接後なかなか返事をもらえず諦めかけていたところに『採用』の連絡が。とにかく嬉しかったです。

子供の頃の夢

高校の時に見たテレビ番組がきっかけ。

両親が教師だったこともあって、小さい時からずっと先生になりたいと思っていました。 それが、高校2年生の夏にたまたま見た建築家・安藤忠雄さんのテレビ番組に「こんな世界があるのか!」と衝撃的な感動を受けたことがきっかけで、建築の道を志すようになりました。
思えば幼い頃から「家造り」の雑誌を眺めることが大好きで、自分ならこんな家に住みたいと色々空想したり(ちなみにその当時住みたかったのは球形の家です)、中学生の頃から美術や工芸の授業がとても好きになり、デザインをしたりモノを作ったりすることにも興味があったので、建築に通じる部分があったのかなと思っています。

現在の目標

勉強、勉強です。

入社以降、ユーミー事業部→設計部→住宅事業部を経て、平成29年夏から再び設計部に配属になりました。前部署の住宅事業部では設計とはなれた業務を主にしていましたので、今はまさに浦島太郎状態。とにかく分からないことばかりで、先輩方の会話もチンプンカンプンなことが多いです。なかなか目覚めない脳みそと格闘の毎日ですが、そんな自分を克服するには勉強するしかありません!関連書物を買いあさり毎日少しずつ勉強しています。専門的な知識を身につけ、自信を持ってお客様にご提案ができるよう精進していきたいです。

仕事上のエピソード

先輩方を目標に。

設計部に配属になってまだ数ヶ月しか経っていないので語れるほどのエピソードはありませんが、作成する提案ひとつひとつが勉強で学ぶことばかりです。
知識豊富で尊敬している設計部の先輩方に少しでも近づくべく経験を積み重ねていきたいと思っています。

オフの過ごし方

バランスが大切です。

子供が3人いますので、休日は家族で過ごすことが多いです。
子供達と一緒に過ごせるもの限られた数十年だと思うと、できるだけいろいろなことを一緒に経験しておきたいなと思っています。
でも、自分の時間も大切。子ども達が寝静まったあとは趣味などに没頭することでバランスをとりながらリフレッシュしています。

pagetop