住宅施工管理

木造新築戸建住宅の施工管理全般を行います。
お客様の夢のマイホームを円滑に且つ正確にカタチにする為に多岐に渡って様々な工事管理業務を行っています。
ヨネダの家は一つとして同じものはありません。違うが故の難しさはありますが、それぞれの家にそれぞれの遣り甲斐や面白さがあります。
お客様がお休みの日に施工現場を見に来られることもしばしば。形になっていく家を目の当たりにし、キラキラした表情で話をされている姿が何よりの活力になります。

仕事の流れ

01

着工前打合せ
着工前に、図面・仕様書を工事にかかわる担当スタッフ全員で内容の共有確認をします。
お客様の思いやこだわりを共有する大切な会議です。

02

着工式
お客様と住宅スタッフ、協力業者の顔合わせを行います。工事にどんな人が、どんな業者が携わるのか、顔を合わせて確認していただくことで工事に対する安心感を持って頂きます。

03

地鎮祭
工事の安全祈願も兼ねて土地の神様(産土の大神)に挨拶をする儀式です。
この日が工事着工日となります。

04

地盤改良工事
地質調査を実施した結果により軟弱地盤の場合には、地質に合った適切な基礎の補強工事(柱状改良、杭工事など)を決定し施工します。

05

基礎工事
基礎は家を支える部分であり、この工程での精度が建物本体の精度にも直結します。高さや寸法を確認しながら工事を進めていきます。

06

上棟式
プレカットされた木造躯体を組み立てる工事です。
住宅の工事において最も見た目が大きく変化する工事でもあり、1日で基礎だけの状態から家の形になります。

07

内装工事
造作、電気配線、設備配管などを順序や兼ね合いに考慮しながら工程を調整し、そしてクロス工事、各種機器取り付けといった仕上げ工事に進めていきます。

08

外装工事(屋根、外壁)
外部の仕上がり具合で家の見た目や印象は決まる為、お客様の仕様に合わせて慎重に工事を進めます。雨水の侵入を防ぐ為に防水処理にも注意します。

09

外構工事
外観の検査を行った後に足場を解体し、外構工事に着手です。外構工事はウッドデッキやカーポートなどのエクステリア工事、樹木や芝などの植栽工事をお客様の仕様に合わせて行います。
外観に彩りや華やかさを加える重要な仕上げ工事になります。

10

お引渡し
最後に美装工事を行い、社内検査、竣工検査を行って万全の状態でお引渡しをします。
ここまで着工から約4~5か月で行います。

Scroll to Top