1. 断熱リフォームとは

リフォームをされる目的は、見た目をきれいしたり、定期的なメンテナンスだったり、居心地のよい住まいにしたかったり、さまざまです。
せっかくリフォームしようと計画したならこの機会に将来を見越して、日々のランニングコストを抑え子どもや高齢者にも住みやすい家、健やかに暮らせる家、そんな家自体の性能を向上させるリフォームを検討されてはいかがでしょうか?
性能をアップすることで10年先、20年先まで快適な住空間が保てます。そんな性能を向上させるリフォームが「断熱リフォーム」です。

今のお家が、猛暑日の酷暑も、極寒の冬も、
一年中快適に暮らせる家になる♪
ミラクルなリフォーム

外気の影響を受けるところをしっかりガード。
なのにバッチリ換気。

2. 断熱リフォーム
4つのメリット

快適性

夏は涼しく
冬は暖かい
1年中快適な空間

健康的

部屋間温度差がなく
ヒートショックが起こらない

経済性

空調効率がアップ 光熱費が大幅に下がる

環境貢献

CO2を大幅削減 地球環境に貢献


快適性

夏涼しく、冬暖かい1年中快適な空間

断熱リフォームによって、エアコンの効きがよくなり、省エネルギーで家中快適温度に保つことができます。
それにより、学習効率がアップしたり、気密性がよくなる遮音効果により、静かでより快適な暮らしが実現します!


健康的

部屋間温度差がなく、
ヒートショックが起こらない

ヒートショックをご存知ですか?
実は家の中の温度差が原因で、年間170,000人もの人がなくなっています。断熱リフォームで部屋間温度差がなくなることで、このリスクがなくなります。
もちろん風邪をひく率も低下、近年の温度上昇により深刻化している家での熱中症にも効果あり♪


経済性

空調効率がアップ、光熱費が大幅に下がる

断熱リフォームによって、空調効率が格段にアップ!それによる光熱費の大幅ダウンが可能になります。
断熱住宅の調査では、年間の差額は127,000円!
これからの30年間で3,810,000円という金額に。経済的にも快適な暮らしになるということですね♪


環境貢献

CO2削減・地球環境貢献

CO2排出量の増加により、地球温暖化が進み「このままでは地球は人の住めない星になる」とも言われています。地球的規模でSDGsの取り組みが叫ばれる中、家庭で排出するCO2の削減に、あなたも断熱リフォームで貢献することができます。そしてそのためにMAX300万円の補助金も用意されています。

3. どうして住まいの「暑さ・寒さ」がおきるのか?

家の「暑さ」と「寒さ」の原因

冬は暖まった部屋の中から寒い外に熱が漏れ出し、反対に夏は暑い外から部屋の中に向かって熱が侵入するからです。
熱が移動すると冷暖房の効きが悪くなり、室温の低下・上昇につながります。
室温低下・上昇は「暑い・寒い」と感じるだけでなく実は健康に大きく影響を与えるということがわかってきています。

4. 昭和の家はほとんど無断熱?!

近年新築ではもはや寒い家なんて・・・というくらい高気密、高断熱でしっかりと施工されているのがほとんどです。
それは住宅の省エネ基準が昭和55(1980)年に制定され、平成4(1992)年、平成11(1999)年に改正・強化されました。
さらに平成25(2013)年には住宅の外壁や窓などの「断熱性能」に加え、設備の性能や省エネをを総合的に評価する「一次エネルギー消費量」基準が加わり、建物全体でエネルギー消費量を減らす基準が導入されたからです。

5. 住まいの「暑さ・寒さ」が健康に関係してる?!

家の寒さは「ヒートショック」、暑さは「熱中症」、結露は「アレルギー」という健康リスクにつながっています。これらのリスクを少なくするためには、家の断熱対策や遮熱対策が必要になります。

6. 断熱で結露も防げる?!

冷たい外気が窓の表面温度を下げて、水蒸気を含んだ室内中の空気が窓に触れると、結露が発生します。
結露はダニ・カビ・ホコリ等の温床となりアレルギーを引き起こすきっかけに。

7. 断熱リフォームって節約になる?!

断熱性能が高くなるということはそれだけで熱漏れが少なくなり、冷暖房効率が上がることで冷暖房費用の節約につながります。
断熱性の低い住宅と、省エネ基準を満たし家全体が断熱された住宅では、30年間で約250万円の冷暖房費の差が見られました。

8. 断熱リフォームの種類

窓や玄関などお手軽にリフォームできて効果の高い部分から、空間ごとの壁内の断熱など、お選びいただけます。

9. 従来の断熱リフォームとの違い

従来の断熱リフォームは、家をスケルトン(骨組みを残してほぼ解体)にし、断熱性を高めた壁や床を造り、既存住宅の断熱リフォームをしていました。

まるごと断熱リフォームなら

  1. ① 工期が短い
  2. ② 騒音やほこりが少ない
  3. ③ ご自身の負担が少ない
  4. ④ ご近所への迷惑が少ない
  5. ⑤ 環境にやさしい

外壁の解体をしないから

無駄な費用をかけません

※もちろんスケルトンリフォームにも対応しています

10. 断熱リフォームと補助金について

経産省による事業 令和3年度
住宅・建築物需給一体型省エネルギー投資促進事業費補助金

次世代省エネ建材の実証支援事業

日本政府もCO2の削減に向けて、新築住宅だけではなく断熱基準の低い既存住宅3350万戸の性能アップに着手。
そのために設計費・材料費・工事費に対して1戸当たり最大300万円の補助金を準備。
住宅のリフォームを考えるあなたには、またとないチャンスです!
ただ、補助金公募期間は、2021年8月2日~9月30日(予定)

 

令和3年度 次世代省エネ建材の実証支援事業では、住宅の改修方法を2つの区分から選ぶことができます。

 

外張り断熱工法等での改修(外張り断熱)

外張り断熱工法等で住宅の外壁等を改修し、住宅全体の断熱性能を向上させる改修方法

要件のポイント・規定の外皮性能(UA値)を満たせば導入製品は問わない(SIIの登録製品以外を導入してもよい)
※8地域は公募要領を参照
・原則、既存構造材を撤去せずに施工すること
・外気に接する外壁全てを外張り断熱工法等で改修すること
・改修工事後、定められた期間に効果測定を行うこと 等
補助対象製品・改修に用いる断熱材及び窓・玄関等の開口部材
・本事業に登録されている製品
・高効率換気システム
補助金額・補助率 補助対象経費の1/2以内
・補助金の上限額 300万円/戸
採択方法先着順
住宅区分戸建住宅
補助対象経費の算出補助対象となる改修に対して、設計費、材料費及び、工事費(一体不可分の工事費を含む)を補助対象経費とする

断熱パネル等での改修(内張り断熱)

施工性を向上するため断熱材と下地材等が一体となった断熱パネルや、快適性向上にも資する潜熱蓄熱建材を導入する改修方法

要件のポイント・本事業に登録された製品を導入すること
・断熱パネル、潜熱蓄熱建材のいずれかを必ず導入すること
断熱材、防災ガラス窓、窓、玄関ドア、調湿建材の改修は任意とし、上記の必須製品と同時に行うこと
・断熱パネルは施工範囲に居室を含むこと
また、その居室の床、壁、天井の少なくとも1部位について、外気に接する全面を改修すること
補助対象製品<改修が必須な製品>
断熱パネル/潜熱蓄熱建材
<改修が任意な製品>
断熱材/防災ガラス窓/窓/玄関ドア/調湿建材
補助金額・補助率 補助対象経費の1/2以内
・上限額 戸建住宅:200万円/戸、集合住宅:125万円/戸
・下限額 20万円/戸
採択方法先着順
住宅区分戸建住宅・集合住宅
補助対象経費の算出補助対象となる改修に対して、導入する施工面積等に「補助単価」を乗じて算出される値を原則、補助対象経費とする