一日の疲れをリフレッシュする大切なリラクゼーションスペースをより快適に。
最新のユニットバスは各メーカーとも、温かい浴室、保温性の高い浴槽、節水シャワーと省エネ機能も兼ね備えています。

バスルームリフォームの例
  • ユニットバス(システムバス)へ入れ替え
  • 給湯器の修理、交換
  • ガス、灯油給湯器からエコキュートへ交換
  • 浴室暖房乾燥機、室内干しツールの設置
  • ドア、窓の取替
  • シャワー・水栓の点検・修理・交換
  • 手すりの設置
  • 浴室タイルの貼替、パネル張り
ユニットバス取付工事の基本内容 既存浴室解体処分・給水、給湯、排水、追い炊き配管工事・ユニットバス基礎コンクリート工事・電気工事・間仕切壁造作工事・クッションフロアー貼替・間仕切壁クロス貼り・システムバス接続・廃材処分・養生

基本工事費 540,000円(税込)
(注)機器を設置する場所の状況によって、別途工事が必要なことがあります。
その場合工事費は現地調査後お見積りさせて頂きます。

浴槽の種類

人造大理石 保温性が高く、空焚きしなければ熱にも強い素材です。また、天然大理石のような風合い、柔らかくて温かみのあるテクスチャー、豊富なカラーバリエーションは大きな魅力です。
汚れも落ちやすく、中性洗剤とスポンジで洗えば簡単に汚れを取ることができるので、メンテナンスも楽です。
FRP fiber glass reinforced plastic(ガラス繊維強化プラスチック)のことです。
柔らかく温かみがある樹脂素材です。保温性もあり、耐薬品性、耐衝撃性もよく、カラーバリエーションも豊富です。価格的にも手ごろで、軽量な素材です。空焚きしなければ熱にも強いですが、汚れや傷が付きやすいという面もあります。しかし、中性洗剤とスポンジを用いれば、汚れも簡単に落とすことができます。
ホーロー 鋼板ホーローと鋳物ホーローのふたつがあります。厚みのある素材を用いている鋳物ホーローは、重量感があり丈夫です。ホーロー層の仕上げはガラス質なので、独特の滑らかな肌ざわり、保温材でカバーされていれば保温性も悪くありません。しかし、表面のガラス質が傷つくと、そこから本体が錆びてしまうこともあります。小さな傷の場合は、補修することで進行は防ぐことができるので、早めのメンテナンスをおすすめします。お手入れは、中性洗剤や普通の石鹸でも汚れを落とすことができます。
ステンレス 耐久性がよく保温性も抜群でステンレスは根強い人気があるようです。傷やサビに強く、メンテナンスも楽です。表面の手触り・温度が不快と感じる場合もありますが、金属特有の肌触りを抑えた商品もでています。底面にエンボス加工など施した商品もあります。

バスルーム 最新施工事例

取り扱いメーカー