京都府の建設会社(株)ヨネダ(旧米田組)は新築住宅(住宅建築)、リフォームのご提案から、工場建築、太陽光発電、賃貸マンション・不動産売買物件仲介まで承っています。

ヨネダ社長ブログ

夏は来ぬ

2019年06月20日(木)

6月に入り爽やかな気候でしたが、一気に陽差しが強くなってきました。

住宅事業部の感謝祭が長安寺公園で6月初旬の日曜日に開催されました。230名余りのお客様にご来場いただきました。

最初の2時間はたくさんの焼き台で夢中に肉を焼き続けました。

天候も曇りで屋外で気持ちよく一日を過ごしていただきました。

私たちもあっという間の一日でとても楽しかったです。


  

 
 
翌週末は市内の〇〇荘でユーミーマンションの施主会が行われました。

41名のオーナーさんにお越しいただき楽しいひと時をご一緒させて頂きました。

遠くは豊岡、篠山市からもお越しいただきました。

普段お目にかかれていないマンションのオーナー様にお目にかかれてとても嬉しかったです。
 

 
 
6月は総会のシーズンです。

某日京都市まで関係してます△△協会の通常総会があり行ってきました。

今年は10月に初めての全国大会が京都市であり所轄官庁さんや理事の皆様方大いに気合が入っています。

総会後皆さんで立食の懇親会があり結束を固めました ^^)

終了後電車の時刻までかなりあったためどこかで休もうと京都駅構内を見まわしました。

エスカレーターがどんどん上に向かって伸びていっているので上に上がっていきました。

階段状の広場があり電機仕掛けで様々な紋様が動いていました。

その広場の端は駅正面と裏側を結ぶ広~い展望台でした。

夕暮れの爽やかな風が吹き抜け気持ちの良い空間でした。

展望台の端に腰かけ読みさしの文庫本「日本渡航記(フレガート『パルラダ』号より)』」(ゴンチャロフ著井上満訳)を読みました。

(嘉永六年に米国と時を同じくして露西亜が米国と同じく四隻の艦隊を長崎に差し向けて修交条約を迫るお話です。訳文が素晴らしく当時の長崎奉行や御検使、通詞等登場人物の苦渋の対応の描写が活き活きとしています。長崎湾の美しい景色の描写も味わい深いです。)
 
 
・・福知山に着きますと駅から車を停めてある某協会まで歩いて行きました。

会社では出先のA支店のK君が打ち合わせがあり私の帰りを待ってくれていました。

ぼんやり考え事をしながら歩いていました。

・・最近はK君のA支店へ行って皆と食事をしていないなぁ・・・。。B支店は先月行って珍しく皆と食事をしてきたし・・・。そうだ!今度行こう・・

前方を見ますと鳥料理の飲食店の横で背丈の高低のある男女三人連れが立っていました。自転車も横においてあり高校生かと思いました。

「!」

弊社の新入社員三名でした。

「今日は同期会をします。」

「あ~楽しくね(#^^#)」
 


 

少し行きかけて気が付き踵を返し僅かな心つけを渡して離れました。

協会から車を出すとき向こうをみますと人数がもう少し増えてました。

過ごしやすい初夏の夕暮れでした。