京都府の建設会社(株)ヨネダ(旧米田組)は新築住宅(住宅建築)、リフォームのご提案から、工場建築、太陽光発電、賃貸マンション・不動産売買物件仲介まで承っています。

ヨネダ社長ブログ

花の氷ノ山

2018年05月06日(日)

連休の後半の一日、家内と氷ノ山に登ってきました。

朝から天候が安定しており、山あいの谷には鯉のぼりが空に翻っておりました。

氷ノ山国際スキー場の脇の福定親水公園に車を置いて上り始めました。
 


 

東尾根登山口→神大ヒュッテ→氷ノ山山頂(1,510m)→氷ノ山越え→福定親水公園

のルートでした。
 
 

・・・ちょっと私の手違いがあり、予定の反対ルートとなりました。

登りかけると反対方向から来る方が散見され、家内が

「だいじょうぶやろか?・・・BS※で見た景色と違うし・・・直ぐ滝が見えるはずやし・・・。」

と不安がる。

結構進んでからiPadminiの位置情報で反対方向に進んでいることが判明。。

結構苦言を呈される・・・。
 


 
 
気を取り直して、新緑の中、気持ちよく登りました。

 

 
 
道中見られる可憐な花々の美しいこと!
 


 

「あんた可愛いなぁ・・・!(うっとり)

・・・・誰かみたいにお酒飲んで夜遅うに帰ってこうへんしなぁ・・・。」

微妙に前夜のことに触れられている・・・。。
 
 

道中には残雪も見られました。
 
 

ようよう三時間で山頂に着き、おにぎりをほおばりました。
 


 

山頂には鳥取県側からも複数の登山ルートがあるため、様々なルートから老若男女が登ってこられてました。

柏原高校のワンダーホーゲル部の皆さんも登ってこられてました。

犬を連れて登ってこられたご夫婦、犬を抱っこ紐のようなもので胸からぶら下げて登っておられる方もみました。

帰りは様々な滝、水汲み場、地蔵堂などを見ながら、落ち葉で足を滑らせながら下山しました。
 


 
 

しめて所要時間六時間全長13KMのコースでした。

携帯電話の当日の万歩計は28,247歩でした。

帰りに養父市の万灯(まんど)の湯に入って帰宅しました。

昼間で人も少なくまったりと入りました。

とても良い天然泉でした。

 
 
※BS放送「にっぽん百名山 氷ノ山」