ホーム > よくあるご質問(住まいの手軽に出来る補修)

よくあるご質問(住まいの手軽に出来る補修)

内装材編

内装材イメージ
フローリング

キズの補修
フロアー補修剤(DIY)の中からフローリングの色より少し薄い色のものを選び着色します。

焼け焦げの補修
焼け焦げた部分をカッタ-や彫刻刀で丁寧に削り、サンドペーパーでならします。

クロス貼り

部分的な汚れ
住居用洗剤を雑巾につけ擦ります。周辺も目立たないようにぼかします。

小さいはがれ
はがれ部分のホコリやゴミなどを取り除いてから壁クロス用(DIY)接着剤で付けます。

クレヨンや油性マジックの落書き
住居用洗剤とクリ-ムクレンザ-を混ぜたもので拭き取ります。
凹凸のあるクロスの場合は、古ハブラシなどにクレンザ-を混ぜたものをつけて擦ります。

カビが発生した
水で薄めた漂白剤で、表面のカビを拭き取ります。その後、消毒用エタノールをそのまま薄めずに布につけてカビを拭き取ります。十分換気をして下さい。

クレヨンの落書き
クリームクレンザーを、ごく少量乾いた布につけて丁寧に擦ります。

内装建具編

内装建具イメージ
内部ドア

開閉時に音がする
潤滑油スプレーを蝶番の軸部分にスプレーします。

ドアのガタつき
ガタつきは、蝶番のネジがゆるんでいることが多いので、蝶番ネジのゆるみチェックをしてゆるんでいるものは、締め直します。

レバーハンドルががたつく
レバーハンドルのつけ根部分のネジを、プラスドライバーでゆるめハンドルを抜きます。
丸いカバー(丸座)の切り込みにマイナスドライバーを差込、丸座を取り外します。
丸座でカバーされていた裏金の固定ネジをプラスドライバーで締め直します。
丸座を音がするまで押し込みハンドルを取り付け、プラスドライバーでネジを締めます。

ドアがロックされて開けられない
小さなお子さまなどが中からロックしてしまった場合など、コインを使って外側からロックを解除します。

障子

小さな穴があいた
花型などの障子補修シールで、裏側に手をあてしわを伸ばしながら貼ります。

大きな穴があいた
穴の空いた一マス分全部を取り除きます。
一マス分の障子紙を用意し、桟の四辺にノリを付けて伸ばしながら貼ります。

キッチン編

キッチンイメージ

キッチンタイル目地の汚れ
古ハブラシにクリームクレンザーをつけて軽く擦りながら、温めた布などで拭いていきます。

壁パネルの汚れ
汚れ部分に直接ティッシュペ-パ-を張り付け住居用洗剤をスプレーし、そのままの状態で15分ほど待ちます。
汚れが浮いて来たら温めた布などで拭き取ります。

ステンレスにサビ・黒ずみ
スポンジにクリームクレンザーをつけて、ステンレスの研磨目にそって軽く擦ります。水で洗剤をよく洗い流し、乾いた布でしっかり水分を拭き取ります。

人造大理石の表面のシミ
クリームクレンザーを付けたスポンジや布などで、円を描くようにして拭き取ります。水拭きで洗剤を拭き取り、仕上げにカラ拭きします。

人造大理石の表面のキズ
目の細かい耐水サンドペーパー【400番位】で軽く磨きます。
深いキズなら目の粗い耐水サンドペーパー【240番位】で磨いてから目の細かい耐水サンドペーパー【400番位】で軽く磨きます。軽く磨きます。磨いたところとその周辺の光沢に差が出た時は、スポンジにクリームクレンザーを付けて全体を磨きます。

浴室編

浴室イメージ

シーリング材にカビ
古ハブラシに浴室用中性洗剤をつけて擦ります。それでも、カビが落ちない場合は市販のカビ取り洗剤をかけ30分ほど置いて下さい。水で洗剤を洗い流してから水分を拭き取り乾かします。

シ-リング材の剥がれ・劣化
シールの浴槽側と壁側にカッターで切り込みを入れはがします。残ったシールは、ヘラなどで擦り落とします。
シールする部分の両側にマスキングテープを貼り、シリコーン系充填剤のノズルを隙間に合わせてカットし、隙間に押し付けながら埋めていきます。付属のヘラで余分な充填剤を取り最後に、マスキングテープをはがします。

トイレ編

トイレイメージ

詰まり
トイレに流しては、いけないものや大量のトイレットペーパーを詰めてしまった場合は、まず手で、取り除けるものは取り去ります。それからゴム製吸引カップで、ゴムカップの中に水を十分に取り込んで勢いをつけて排水口めがけて押し出します。
何度か繰り返します。詰まったものを押し出す要領です。

水が止まらない
タンクに溜まる水が止まらない場合タンク下の止水栓を10円玉で閉めて下さい。その後、タンクの中を見て下さい。
1.フラッパー(ゴムやプラスティックの排水弁)に洗浄剤などの異物がつかえたり挟まったりしていないか?
2.浮玉自身のききが悪いと水は、水位線を越えて水が流れっぱなしになります。
浮き玉の連結棒を少し曲げ浮き玉のききをよくします。それから、止水栓を開きます。
それでも、水が止まらなければ再度止水栓を閉めてご連絡下さい。

洗面室編

洗面室イメージ

洗面ボウルにキズやヒビが入った
汚れを取りよくカラ拭きをしてから、透明のマニキュアを塗って乾かすとキズが広がりません。カラーボウルの場合は同カラーのラッカ-を塗って下さい。

電気設備編

電気設備イメージ

スイッチプレートの汚れ
手あかなどの汚れは石鹸水を布でこするときれいに落ちます。
細かい所は、綿棒にアルコールを湿らせて拭きます。

スイッチプレート・コンセントカバーが割れた
作業の前に「ブレーカー」を落とします。
隙間にマイナスドライバーを差し込み外します。
新しいプレートを取り付けます。

外部建具編

外部建具イメージ
玄関ドア・戸

カギの差込が固い
鉛筆の芯の粉をカギにまぶし、カギ穴に差込み回します。
数回繰り返します。
市販の錠前スベリも同様です。

網戸

網戸の動きが悪い
網戸の下端の両端に「戸車」があります。
戸車の調整ネジをプラスドライバーで上下に位置を調整します。

網戸に穴が空いた
大きめの穴の場合
穴より大きめの同じ材質、同色の網を準備します。
穴の周囲を切り揃え、準備した網を補修部分にあてテープで仮止めし、重なっている部分に接着剤を塗布し貼り合わせます。
網の両側から押さえつけ、乾いてから仮止めテープを外します。

数ミリ程度の穴の場合
小さな穴なら透明なマニキュアか接着剤を穴が広がらないように塗れば補修出来ます。

シャッター

手動シャッタ-の動きが悪い
シリコンスプレ-をレ-ルのモヘア部分へスプレ-します。

鍵がかかりにくくなった
シリコンスプレ-をレ-ルの下部のラッチ掛かり(受け部)にスプレ-します。
☆ホコリやゴミが付きやすくなるので、使わないように。

 

商品についてのお問合わせ・資料請求

ヨネダ住宅事業部の商品についてのお問合わせ・資料請求は下記からどうぞ。

商品について問合わせる 詳しい資料を請求する

ヨネダ住宅事業部スタッフ紹介を見る