長期優良住宅

長期優良住宅とは

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が、構造及び設備に講じられた優良な住宅を国が認定する制度です。
住み継いでいける住宅ストック社会への形成に向けて、一世代あたりの住居負担を軽減するとともに、中古市場を活性化させ,環境負担の低減を目的としています。

長期優良住宅の認定基準

1.劣化対策

通常想定される維持管理条件下で、少なくとも100年程度は構造躯体が使用できること。

家イメージ

2.耐震性

極めて稀に発生する地震でも、壊れにくく高い強度の構造であること。

家イメージ

3.維持管理・更新の容易性

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)しやすいこと。

家イメージ

4.省エネルギ-性

必要な断熱性能等の省エネルギ-性能が確保されている。

家イメージ

5.居住環境

良好な景観の形成、その他の地域における居住環境の維持及び、向上に配慮されたものであること。

家イメージ

6.住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な規模(75m2以上)を有すること。
 (地域の実情に合わせ変更可能・ただし戸建て住宅55m2を下限とする。)

家イメージ

7.維持保全計画

建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

家イメージ

長期優良住宅のメリット

1.認定長期優良住宅に対する住宅ロ-ン減税の特例措置

■一般住宅
居住年 控除対象借入限度額 控除期間 控除率 最大控除額
~令和3年12月31日 4,000万円 10年間 1.00% 400万円
■認定長期優良住宅
居住年 控除対象借入限度額 控除期間 控除率 最大控除額
~令和3年12月31日 5,000万円 10年間 1.00% 500万円

2.住まいの資産価値が高くなり、売却時の査定が有利になります。

スタッフ紹介を見る