SDGsへの取り組み

ヨネダは、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月に「貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求すること」を揚げて国連総会で採択された世界共通の目標です。
2030年までに地球規模の課題を解決するべく、17の目標とそれらを到達するための具体的な169のターゲットで構成されています。

 

ヨネダのSDGs取り組み

ヨネダは、国連が提唱する持続可能な開発目標につなげ、建設業として地域社会の課題を抽出し、それらの課題の解決と共生をしていく事業を積極的に推進していきます。

 

低炭素な住まいづくり

ゼロエネルギー住宅やLCCM住宅の普及奮及活動への取り組み、住宅性能表示BELS取得

脱炭素社会の実現に向けて建設時や家庭からのCO2排出量削減へ。自然の力を有効利用した省エネ・創エネで、住宅のライフサイクルトータルでCO2の収支をマイナスにする住まいづくりを行います。BELS取得により省エネ性能というモノサシで建築物の「燃費」を知ることができます。

 

快適・健康な住まいづくり

家族が健康に暮らすための取り組み、HEMSの標準装備

高気密・高断熱住宅により、夏の暑さ、冬の寒さもエアコン1台で室内温度を均ーに保ち、ヒートショックなどを防ぎます。 また高効率全熱交換換気システムで空気中に含まれるアレル ギー物質の侵入を抑制します。HEMS装備により住まいのエネルギー を見える化し家電、電気設備を最適に制御します。

 

安心・安全な住まいづくり

万が一の地震でも安全な住まいを作る取り組み

警察署や消防署と同じ「耐震等級3」(最高レベル)の設計で、安全性の高い住まいづくりを致します。
建物の構造パネルに制震機能が加わることで、家全体で揺れを抑え、大きな地震に対しても粘り強い住宅を作ります。

 

SDGs達成への取り組みの公表

SDGsの一層の普及を図る取組み

住まいづくりを通して、SDGsの達成を目指すヨネダの取り組みや活動等を公開します。

アンバサダー登録への取り組み

「With」にお住まいの方を対象とした登録制度です。「With」 の暮らしの輪を広げる活動を応援いただきます。
※「With」の暮らしとは、低炭素、快適、健康、安心、安全な暮らしです。

 

より良い住まいづくり

家づくりに関する情報を提供するセミナーや住まいを体感できる見学会などの開催の取り組み

士地探し・資金計画からアフターメンテナンスに至るまでの家づくりについてセミナーを開催します。また、建築中の建物や モデルハウスの見学などもご用意し、これからの家づくりをお考えの方への知識強化に努めます。

教育された良い職人による、良い品質の住宅を建てる取り組み

工事に携わる各種業者 (協力業者)で構成される「ヨネダ協力業者会」を2ケ月に1回実施します。協力業者間のコミュニケーションを図り、勉強会で知識を高めることにより高品質の家づくりを目指します。

 

環境に配慮した建設現場

建設現場での廃材の削減及び再利用の取り組み

建設廃棄物の適切な処理を目指します。
海洋汚染につながる廃プラスチック削減の為、ビニールシート、養生材等を再利用します。

 

設計施工品質の向上と性能評価の推進

良質な住宅ストックヘの取り組み

住宅の設計施丁品質の向上により高耐久性を確保。
また住宅の性能評価を実施し、住宅の品質を担保することによって良質な住宅ストックの形成に貢献します。

 

LINEからチャット感覚でお問合わせ・カタログ請求・見学会予約

友だち追加

携帯でQRコードを読み取ってください
LINE QRコード

スタッフ紹介を見る

スタッフ紹介を見る