先輩社員の声

住宅事業部

雪山 健太郎
KENTARO YUKIYAMA

住宅事業部 施工管理
2017年入社(23歳)
近畿職業能力開発大学校
建築施工システム技術科 卒業
兵庫県出身

ヨネダに決めた理由

この会社の一員になりたい。

私は地域密着型の企業で木造住宅の施工管理がしたいと思い就職活動を始めました。「納得のいかない仕事はつぶしてやりかえる」という方針を掲げていることから、仕事への熱意やプロ意識に魅力を感じました。説明会で社員の方々が失敗談を隠さず話す姿を見て、(株)ヨネダという会社を身近に感じました。若い社員の方が多く活躍されていることから、頑張れば若くても責任を持って仕事をさせてもらえることにも魅力を感じました。会社が大きくなっても地域密着型で、長いお付き合いを大切にしておられること、アンケートを利用した社員への気遣いなどから、人との関わりを大切にしておられる社長であることを知り、又、働かれている社員の方々の生き生きとした姿から、私もこの会社の一員になりたいと思いました。

子供の頃の夢

鳶職。

小学生の頃テレビで鳶職という仕事を知りました。危険な場所に乗り込み、高いところを平気で歩き回る姿や、大きな建物を作り上げる男らしい職人さんがかっこよくていつか自分もなりたいと思いました。今は鳶職ではなく現場管理という職につきましたが、思えばその頃から建築に興味があったのかなと思います。

現在の目標

知識を増やす。

現場では新人なんて関係なく「監督」と呼ばれます。問題点を指摘されたり、質問されることが多くありますが、今はほとんど答えることができません。これから現場をよく見て、わからないことは積極的に質問や自分で調べ知識を増やし、問題点にはすぐに対応し、質問にもすぐに自信を持って答えられるようになりたいです。

仕事上のエピソード

手紙。

完成した新築住宅をお施主様にお渡しする引渡し式があります。そのときお施主様の奥さんが旦那さんへ感謝の手紙を読まれたことがありました。それは、家を建ててくれたことへの感謝やこれからその家で幸せな生活を送っていこうという暖かい文章でした。それを聞き私は住む人の人生に大きく関わる仕事をしているのだと実感し、これからもお施主様に満足していただけるように全力で仕事に取り組んで行きたいと思いました。

オフの過ごし方

福知山をぶらぶら。

オフはあまり遠出はせず福知山をぶらぶらしています。私は一人では牛丼も行けません。なので同期や先輩、地元の友達など、いろんな人を誘ってご飯にいったり、大好きなカラオケに行きます。社内にもカラオケ好きの人が多くいつも付き合ってもらっています。

pagetop