ホーム > ヨネダ不動産部ブログ

ヨネダ不動産部ブログ

備えあれば憂いなし!

2019年08月16日(金)

昨日は、超大型の台風10号がお盆休みに接近との事で、5年前の福知山豪雨災害を思い出さずには居られない状況で、台風が接近してくる情報が気になって仕方がない数日を過ごしました。前回の豪雨災害以降は、水災を受け易い地域のマンションに止水版を設置しました。止水版設置以降で初めての大型台風の接近で、今回初めて全箇所設置してみました。

     

止水版が納めてある専用物置から、9カ所18袋を運び出し、まずはベランダに設置し要領が掴めた段階で

      

廊下側に廻り各所設置をしました。豪雨災害の時に一番困ったのは、加圧ポンプが水に浸かり全戸の水の供給が止まってしまった事です。今回は居室への水の進入のみならず、ポンプ室もしっかり水から守っています。台風の進路を見ながら同僚のMさんと、どーしよう?大丈夫かな?通過が夜やしなー?・・・などなど色々と言ってましたが、備えておいて正解でした。結果は全く止水版が活躍する事は有りませんでしたが、どこか爽やかな気分で朝から止水版の撤去作業を終えました。

これから、台風シーズンが来ます・・・この止水版が活躍しないことを切に祈るばかりです・・・・


リフォーム展示場移転オープン♪

2019年07月21日(日)

和久市店で4年間一緒に仕事をしていたリフォーム部がこの度、福知山市字岩井に新店舗を完成させ

移転オープンしました。昨日はOBのお客様向けのイベントが行われ、私も新店舗へ行っておりました。

   

店舗に入ってまず、協力業者の皆様やお客様から頂いたお花の数、観葉植物の数に驚きました・・・

お陰様で店舗内が非常に華やかになっておりました。

    

店舗内には住設機器がブース毎に陳列瀬されていて、和久市店の時には私も見学に来られたお客様の

案内をした事があったのですが、トイレが配置されている場所も一カ所ではなく、比較し難い印象が

あったのですが、新店舗では横並びでお客様が比較検討し易い陳列になっていたり、目視できない

下地部分の解説ブースが有ったりと、目で見て手に取って非常に分かり易い店舗になっていました。

    

弊社のイベントには、ほぼご出席頂いておりますユーミーマンションのオーナー様でもある、S様ご夫婦と

娘さんが今回も打ち合わせを兼ねてご来場頂きました。S様は何故か?ガラガラ抽選会では毎回上位の商品を

ゲットされる方なのですが、今回も上位商品をゲットされるのかな?と隣でその様子を見ておりました。

丁度、S様がガラガラを回す二回前に一等賞が出たので、続けて上位の商品は出ないかな?っと思いながら見ていた

のですが、結果は驚きの二等賞を当てられました。(神がかり的でした)

S様がガラガラ抽選に高確率で商品ゲットされるのは、恐らくさ雑念や欲がなくガラガラを回されているとしか・・・

考えられません。(全くガラガラを回す気合が感じられませんでした。)

当面は私は、ガラガラを回しても白玉しか出てこないだろうな・・・と感じたイベントでした。

沢山のご来場、誠に有難うございました。

https://www.yonedagumi.com/yonedahome/

 


ユーミーマンション施主会開催

2019年06月15日(土)

ユーミーマンションを建設して頂いたオーナー様をお招きして施主会を開催しました。
例年は、一緒に旅行をさせて頂くのですが、趣向を凝らして今回は食事会をしました。

   

旅行をしていた時は、ある程度参加して頂けるオーナー様も限られていましたが、

今回の食事会では、40名のオーナー様にご参加頂き大盛況で終える事が出来ました。

   

弊社にとってこのユーミーマンション事業は、25年前から実施している事業で

今では当時の施主様が他界されている所もあり、ご子息様と変わらずお付き合いを

して頂いている事に、改めて有難さを感じたのと同時に、我々がオーナー様から

必要とされている事も肌で感じる良い機会でもありました。

そして、この先も何十年とオーナー様に頼りにして頂ける様に、プロとしてマーケット

に向き合い必要で的確な提案を、自信を持ってできる管理会社でありたいと感じました。

ご参加頂きましたオーナー様、本当に有難うございました。


心機一転!

2019年04月16日(火)

入学式も終わり、通学時間帯に歩道に目を向けると、体のバランスとランドセルの大きさに違和感のある

可愛い1年生が元気良く歩いているのを見ると、朝から穏やかな気持ちになる今日この頃です。

私がこの会社にお世話になった年に、初めて契約を頂いたお客様の物件も今年で18年が経過しました。

今でも当時の契約金額を覚えている程、この物件を担当した内容をピカピカの1年生らしく鮮明に覚えております。

思い出深い物件も18年の歳月と共に吹付タイルの汚れが目立っており、先日オーナー様より外装吹付タイルの塗り

替え相談を受け、今月から工事をしております。

  

現場に着いて、18年ぶりにこの場所で足場に囲まれた現場を見て、何となく懐かしく物思いにふけていました。

当時、この場所にはこのマンション以外は目立つ建物はなく、そこには田園風景のみがありました・・・・

18年の歳月が経ち、この場所は今となっては市街化が進み農地を探すのが難しい状況になっています。

この物件のお客様には随分可愛がって頂いたのと同時に、仕事の厳しさも教えて頂きました。思い出しただけで

今でも涙が出そうです・・・

  

改めて、時の流れを感じると共に、環境は確実に変化するのだと街並みをみて感じました。

そして、お客様の好みや流行など、常にマーケットは知らぬ間に変化して行きます。

今となっては、ピカピカの1年生の時の様な、爽やかさは微塵もありませんが、新年度を迎え心機一転

この環境変化に置いて行かれないよう、そして環境に適応できるようマーケットに対して常にアンテナを

張って行きたいと思います。

 


感覚って大事!

2019年02月21日(木)

新店舗に移転してから早いもので3か月が過ぎました。
移転当初から、「何か昔から居るみたい」・「何となく落ち着く」などなど・・・
スタッフの中ではそんな話がちらほら・・・

   

先日、Nさんが「この店舗に変わってから何となく全てが上手く行く気がしまんせん??」っと言われる・・・

実は私も薄々そんな気がしていました・・・なんのデーターに裏打ちされた話でもなんでもなく・・・・

ただただ感覚的なものです。

その事を昨夜考えていて、すぐに答えが自分なりに分かりました。今回の移転に際して、空きテナントを探す

ことからスタートして、店舗のやるべき事・コンセプト・何のための店舗・誰のための店舗なのか?レイアウト・

デザイン・備品など、店舗移転までの全てを不動産部のスタッフ皆で考え、スタートを切らせて貰いました。

その事で責任と同時に各人の思いが店舗に入った結果、良い感覚で現在仕事をさせて頂けているのではないか?

と自分なりの答えが出ました。

  

何の数値にも表れないこの感覚的なものこそ、本来大事にしなといけない事なのでは・・・と改めて思いました。

お部屋探しのお客様の中に、何となく何って訳じゃないけど、部屋に入ってみた時の感覚的なもので部屋を気に入り

契約される方がいらっしゃるのも事実です。

今一度、何となくの感覚や、インスピレーションなんかも物事の判断材料にしてみるのも良いなーと思えた瞬間でした。