2023年1月28日(土)

これが10年に1度の凄さか・・・

10年に1度の寒波が来ると前々からニュースで騒がれていましたが、

京都市内に積雪があり電車が止まるなど大きな影響が出ました。

弊社管理物件では26日の午前中、水道管の凍結により水が出ない

という連絡が相当数入りました・・・・

以降、水道関連の電話は減っていたのですが、28日20時過ぎに篠山市

にある管理物件から水が出ないと連絡を受け、20戸あるマンションで

1室からではなく、複数の部屋から水が出ないとの事で、直感的にこれは

凍結じゃない・・・・加圧ポンプだ!と思い、全戸への影響の為、スピード重視で

弊社ヨネダリフォーム篠山店へ連絡を入れ、店長のY君ならマンションの営業経験も

ありポンプの位置など話が早いと思い、即座に連絡すると、忙しい中、快く現場に

急行してくれました。(さすがのフットワークの軽さです)

  

現地で業者さんに対応して貰うために取り付けている、キーBOXの番号をY君に伝えポンプ室を

開錠して貰い、ポンプのエラー番号を聞き、場合によってはリセットで修復完了!を期待したのですが、

Y君から「エラー番号はE002です・・・」と元気な声・・・

このエラー番号は受水槽減水で、要は20tある受水槽に水がない事を意味します・・・

空かさず、Y君にセンサー不良化何かで受水槽に水がないから、立水栓から受水槽に供給するしかない

旨を説明すると、「事務所からホース取って来て給水しましょうか?」と心強い天使の声・・・

この時点で私は半泣きでした・・・(有難くて)

  

Y君が給水の段取りをしてくれている間に、こちらからは同僚で一番経験豊富なMさんが

遅い時間からが篠山に向いて走ってくれました。Mさんに現状報告すると、今まで経験が

ないが受水槽の送水管が凍結している恐れがある事を言われました・・・

Mさんが自宅から事務所に来るまでに連絡があり、事務所から給水ホースと、延長コード

ドラムを出しておくように言われ準備しました。凍結の場合、延長コードドラムから電源を

取り、管をドライヤーで温めて凍結を解消させる方法を取ります。

  

朝方まで、Mさんが受水槽に水が溜まるのを現地で確認して、20tの受水槽が

ほぼ満水近くになった時点で、ポンプを起動させ仮復旧作業が終わりました。

朝早くにバトンタッチで各戸に配る様の節水チラシを作製し、私が現場に行く頃には、

加圧ポンプもご機嫌で稼働しておりました・・・

一連の事が落ち着き、私の視界に約2年ほど前に外壁改修工事をさせて頂いたMさんが

当時営業担当で16年前に建った管理物件が目に入り、写真では伝わりませんがとても

綺麗で築16年とは思えない堂々とした佇まいをしていました。

今回も新たな、トラブルを経験してまた新たな知識が増えました。

この手の経験はしたくないのですが、復旧したポンプをみると3人の登場人物の中で、

明らかに一番仕事をしていない私ではありますが、訳の分からん満足感だけ一人前に得ています♪

10年に1度・・・・やはり凄いことが起こりました・・・

Y君・Mさんありがとうございました・・・・

 

 

 

2023年1月6日(金)

チームの力で・・・

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

  

年末年始の休暇も28日~4日まで長期休暇を頂きました。

その間も緊急対応の為、チームで情報共有しながらの年末年始でしたが、

一人で出来ない事でもチームで対応し助け合う事の大切さを感じた休暇だったかと思います。

出来れば何事もなく穏やかな一年を過ごしたいと思いますが、今年もチーム一丸となって

前向きに頑張って参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます・・・・

 

 

2022年11月16日(水)

美しく雄大な姿・・・・

昨日、休日を利用して兵庫県姫路市にある「姫路城」へ行ってきました。

暦の上では、冬だと言うのにとても暖かく気持ちの良い日に世界文化遺産に

触れてきました。

 

敷地の広さと、お城の美しさにまずはビックリしました。敷地は東京ドームの

約5つ分だそうです・・・・外壁は、白漆喰塗籠という手法で塗られていて、

白く美しい様は、「白鷺城」とも呼ばれているそうです。

 

姫路城の土塀や壁には「狭間」と呼ばれる〇△▢の穴が開いていて、

穴から鉄砲や弓矢を射るための防御施設だそうです・・・この時代に

生まれなくて良かったと実感しました(怖すぎます・・・)

 

城内に入ると、まるで中華料理店の床?と思うくらいに、床はテカって

おり、柱と梁の継手仕口の技法の凄さを目の当りにし、日本建築の

伝統工法に驚きました。

 

城内に入ってからも驚きの連続でしたが、不動産部でも便利使いして

いる「養生テープ」がまさか・・・この立派な城内にも・・・(笑)

 

いつもスタッフから何でもかんでも養生テープを使うな!(笑)と言われて

いますが、これで市民権を得た気がしました(笑)

敵の攻めから守る機能を備えた城郭を見ると改めて、平和な時代に生か

されている事に感謝できました。

ただ一点、大名行列の時は見栄えの良さが重視されていたらしく、身長が高い

だけで日当が4倍にもなったそうです・・・

現代もそのシステムの復活を切に希望します(笑)

 

2022年9月19日(月)

備えあれば憂いなし・・・

大型の台風14号が近畿地方を暴風圏内に進路を進めているニュースを前夜にみて、朝から

普段着ない作業着に袖を通し、やたらと無駄に気合いを入れて出勤し、台風対策に止水板を

2棟の管理物件に設置しました。

  

各々の物件の敷地内には、止水板保管用倉庫があり、鍵を開けオレンジ色の保管袋から

一枚一枚止水板を取り出し、今回初めてのF君に設置方法をレクチャーしながら先輩ぶって

調子に乗り気味で作業を進めました。

 

設置後は約1mの壁ができ、外部からの水の侵入を食い止める手筈となります。

各開口部は、早い段階で止水板を設置し、集合玄関一カ所だけは日中の出入りが

あるので、3段程度はめ込んできました。

 

夜間、水位が上がった時には入居者の方へ止水板を重ねて頂く様に壁に立てかけて、

簡単に説明して参りました。

夜間の出入りに怪我のないように、電池式の反射板を取り付け一仕事を終えました。

毎回、作業着を着用しての仕事はやたらとテンションが上がるのは何故でしょう??

この止水板が活躍しない事を祈るばかり・・・・・・

 

2022年9月4日(日)

歳をとる筈です・・・・

いつまでも暑くて暑くて溶けてしましそうな日が続きますが、一向に体重だけは無駄にキープしている

今日この頃・・・皆さん、夏の疲れが出る頃なのでお身体をご自愛ください。

さて、9月末完成に向け兵庫県豊岡市に建築中のユニキューブ2棟の工事が大詰めになっております。

お陰様で上棟前に2棟ともご予約を頂いております♪

 

この新築物件から、南に100mくらいの場所に平成15年2月完成の鉄筋コンクリート造の

ユーミーマンション「パレス真帆」も現在、外壁改修工事がほぼ終了し、手直し作業が完了する

のを待つのみとなっています。

 

営業段階から数えると、20年の歳月が経ち吹付タイルの劣化が激しくなっていたので、

外壁改修工事をお世話になり、新築の様に綺麗な姿に戻りました。

新築当時から派手な色目ではなかったのですが、今回の工事で私自身も当時の新鮮な気持ちを

少しばかり思い出した様な気がします。

パレス真帆から、南へ400mの所に、今回ユニキューブを新築中のお施主様のお父様に

20年前にお世話になった鉄筋コンクリート造のユーミーマンション「エクセレントハイツ」があり、

先月外壁改修工事が完了し、当時と引けを取らない大変綺麗な外観を取り戻しました。

 

ひとえに20年・・・・長いようで短い20年・・・・

そりゃ・・・私自身も歳をとる筈です・・・・目が見えにくくなり、何度も眼科を受診

したりしていますが、先生曰く「老眼」だそうです・・・認めたくないですがこれが現実です・・・

建物同様に色んな個所のメンテナンスが必要になって参りました・・・・

 

お陰様で弊社が運営管理中の兵庫県豊岡市にある64戸の管理物件は全て満室運営させて頂いており

地元仲介業者様の協力なしには、成しえない高い入居率を未だにキープしております。

これからも入居者の皆様から支持して頂けるような物件をマーケットへ提供できるように頑張って参ります。