先日大津市で工場の地鎮祭がありました。

瀬田川を見下ろす眺望の良い高台の敷地です。

施主様は欧州が本社のコネクターのメーカー様です。

元々は電話の交換器から出発されたそうです。

現材では医療、自動車、半導体、ロボット、計測機器等様々な産業分野でご盛業との事です。

地鎮祭が終わり施主様からお土産の最中や冷えたミネラルウオーターを頂きました。

お気遣いに恐縮致しました。
 
 
現場を下見に行った折に京滋バイパスの笠取ICから向かったのですが渓谷沿いの瀬田川の白波たつ水の流れを見て、見慣れない景色ゆえ一遍にその景色が好きになりました。


(Google street view)

上流には瀬田川洗堰があり、市街地に向け琵琶湖漕艇場もありとても素敵な場所のように感じました。


(Wikipedia)
 

地鎮祭後お祓いして頂いた近江国一宮の建部大社様にお参りに上がりました。琵琶湖八景で有名な「瀬田の唐橋」(瀬田の夕照)を渡りました。


(Wikipedia)

暫くは瀬田川の眺めを見る機会が多そうです。

Amazonで「街道を往く」(司馬遼太郎著)の「近江散歩、奈良散歩」や「湖西のみち、甲州街道、長州路ほか」を注文しました。