使っていない母屋を活かして、余裕のある生活空間に 第二のリビング・将来の寝室

ご相談のきっかけは、現在使用していない母屋をどうしたらいいか。

解体してしまうべきかというお悩みでした。

担当者が解体するにはもったいないという素直な想いをお伝えし、

将来を見据えてより充実した暮らしが送れるようなご提案を心掛け改修を決断されました。

まだ新築されて日の浅い離れに生活拠点とし今の生活の中では、

第二のリビングとして活用でき、お客様が来られた時にも、

ゆったりと集えることができる空間をご提案しました。

詳細はリフォーム施工事例にてご覧ください。

使っていない母屋を活かして、余裕のある生活空間に 第二のリビング・将来の寝室