冷房が効きにくい!お家の断熱って年中注意!夏場の外の暑い空気もシャットアウト!

卒業シーズンを迎えましたがまだまだ肌寒い日が続きますね。

福知山店の吉村です!

今日はお家の断熱工事についてご紹介したいと思います。

 

 

これからどんどん気温が上がってくるので、少し季節外れな話題と思われてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません!!

 

 

断熱と言えば冬場の室内の温かい空気を逃がさないというイメージが強いかもしれません。しかし、夏場の外の暑い空気を取り入れないことも断熱性能が関わってきます。

断熱性能が低いお家だと冷房を入れても外からの空気で十分に効果を発揮することが出来ず、光熱費だけが大きくのしかかってきます…

ですので断熱性能の高いお家というのは、その分光熱費の節約にも繋がるという事になります!素晴らしいですね!

 

 

肝心の断熱工事の方法ですが、今回はサッシについて触れたいと思います。お家の中の空気は5割以上が窓から逃げてしまっていると言われています。暖房を入れててもサッシに近寄るとヒヤッとした空気を感じてしまう、あれですね。

 

先日別のスタッフが内窓についてご説明しましたので、今回はサッシ本体についてご紹介させて頂きます。

 

注目すべき点はずばり「ガラス」です。

最近の新築住宅のガラスはほとんどが「複層ガラス」と呼ばれる2枚ガラスのサッシが採用されています。

中には特殊な金属膜を挟んで遮熱性や断熱性を高めた「Low-Eガラス」や3枚の複層ガラスなどもございます。

 

冷暖房の効きが悪いなと感じることがあったら一度皆さんのお家のサッシも見てみてください。もしかしたらガラスが原因かもしれません。

パッと見ではわかりにくいかもしれませんが、もしお困りでしたら是非お気軽にご連絡下さい!