先輩社員の声

ヨネダリフォーム篠山店

堀切 俊佑
SHUNSUKE HORIKIRI

ヨネダリフォーム篠山店
リフォームアドバイザー
2017年入社(23歳)
滋賀県立大学
人間文化学部 地域文化学科 卒業
大阪府出身

ヨネダに決めた理由

誠実で温かい会社。

正直全くどういう仕事がしたいか決まっておらず、説明会に参加してここに行きたいと思う会社に行こうと決めていました。ヨネダのアットホームで温かい雰囲気、社長の誠実な人柄に惹かれ、また説明会参加後のお礼の手書きの葉書や連絡の速さなど会社としても誠実で、ここなら安心して働けると思い、入社を決意しました。仕事内容は難しいことも多いですが、やりがいもありますし、温かい会社であることは間違いないです。

子供の頃の夢

ソフトテニス。

小さい頃からソフトテニスに打ち込んでいたので、ソフトテニスに携わっていたいなと思っていました。今でもソフトテニスを通して出会った友達と集まってソフトテニスをしたり、ローカルの試合に出たりしているので、そうなっているかなと思います。こっちでもソフトテニスができる環境を見つけて、これからもソフトテニスを続けていきたいと思います。

現在の目標

先輩に追いつきたい。

篠山店では新入社員が自分1人で、他の先輩はもう1人で自分の現場を担当しています。先輩方の会話からは自分ではわからないような名称や建築知識が飛び交っています。そんな姿を見て、自分も早く立派に自分の現場をこなせるようになりたいと強く感じています。自分は建築の勉強をしてきていない分、わからないことも多いので、日々しっかり勉強して、先輩方のように多くのお客さまのお役に立てるようになりたいです。

仕事上のエピソード

自分の家をリフォームするときのような気持ちで。

僕の上司は作業をするとき、「自分の家をリフォームする気持ちできれいにしてきて」とおっしゃられます。私はまだ自分の家をリフォームしたことがないですが、リフォームを頼むとき、少しでも気になる点があったら完全な満足感は得られないと思います。なので、どのお家もまず自分が完全に納得がいくまできれいに完璧にし、お客様が少しでも納得いかないようならやりかえるようにしたいと思います。

オフの過ごし方

ひたすら外出。

家でじっとしてられない性格なので、休みの日はほとんどどこかに出かけています。映画を見に行ったり、都会に出て買い物をしたり、ソフトテニスや野球をしたりあまり家でゆっくりしていることはないでです。休みの日も動いている方が気持ち的にもリラックスできますし、家にいるのがもったいないような気がします。近いうちには沖縄や海外旅行に行きたいです。

pagetop