先輩社員の声

設計部

塩見 貴秀
TAKAHIDE SHIOMI

設計部
2007年入社(44歳)
大阪工業技術専門学校 建築学科 卒業
京都府出身

資格:
一級建築士
一級建築施工管理技士
管理建築士

ヨネダに決めた理由

Uターン組です。

以前は、大阪市内の設計事務所で働いていましたが、結婚を機に生まれ故郷の福知山へ帰ってきました。最初は、働かせて頂けるならどんな仕事でも良いと考えていたのですが、やはり自分の培ってきた事が行かせる職種が良いと考えて、ヨネダの設計部に拾って頂きました。
身近にどんなものでもある都会の生活よりも、ものは少ないですが身近に自然を感じる今の生活の方が本当の豊かさだと感じます。

子供の頃の夢

今も夢中になるとまわりが見えません。

小さい頃の私は、手でこねる粘土細工やブロックで作る家づくりが大好きで、一度やりだすと時間も忘れてしまうほど熱中する子供でした。
小学生の頃の夢は、化石発掘の仕事が夢でした。中学生になり休日はキャンプやサイクリング等に明け暮れ、将来はアウトドア関連の仕事にあこがれていたと思います。
高校卒業を控え始めて将来について真剣に考え、もの作る仕事にあこがれ建築関係の専門学校に進みました。今考えると、小さい頃の原体験がそうさせたのだと思います。

現在の目標

毎日が発見です!

設計という仕事は、常に新しい発見があり、毎日が勉強です。お施主様から教えて頂く事もあります。おなじ大きさの建物であっても敷地環境や用途が変わればまったく別のプランニングとなります。
常日頃から新しい知識を補いつつ、色々な事にも興味を持ってお施主様の立場で物事を考えることが今後の目標です。プライベートでは、自転車にテントを積載して遠出したいと考えています。

仕事上のエピソード

社員で協力してのものづくり。

ある工場の計画があり、営業部と設計部で知恵を絞り、設計及び見積り提案をして、数社の中からヨネダに決めて頂きました。
ヨネダは、ここからが本領発揮になります!
敷地が、山の中の傾斜地の為、まずは土木部による土地の整地や擁壁の設置作業。それから建築部による工場の建築。建築中は、お施主様と営業部、建築部、設計部の担当者も含めての定例会議があります。社内の人間が、一致団結してより良いものづくりの為に、みんなで協力した結果、お施主様に大変喜んで頂きました。
お施主様は、社運をかけた大事業として建物を考えておられます。その大事業に社内一丸となって協力した結果、お施主様に喜んで頂けた時は、言葉に出来ない喜びを感じました。

オフの過ごし方

アクティブに動きます。

オフの日は、トレッキングやマラソンなど体を動かすように心がけています。最近はロードバイクにはまっています。
先日、社内のクラブ活動としてヨネダサイクリング部『ライスフィールド』を認定して頂き、おそろいのサイクリングジャージを作成しました。社内のメンバーでサイクリングイベントに参加したり、おいしいものを食べるためにロードバイクで走っています。
なによりも様々な部署(リフォーム部、住宅部、営業部、総務経理部、建築部、土木部、設計部)の方々と交流をしつつ、汗を流せる有意義な休日を過ごせることが幸せです。

pagetop