明るい室内が嬉しい2世代同居の住まい

以前も一戸建てに住んでいたのですが、母と同居していたことと自分たち夫婦の老後のことを考えて、住み替えを考え始めました。
気に入った土地がちょうど空いていたことで、新築に向けて勢いがつきました。
他の住宅会社とも付き合いがありましたが、ヨネダの見学会を何度か見るうちに、ヨネダさんなら自分たちの想いの家を建ててくれそうだと判断しました。
家を建てるにあたって一番に希望したのは、以前の家が暗かったこともあって、とにかく『明るい家』です。その結果、吹き抜けから明るい光が差し込む間取りを提案してもらいました。
母も「前の家は暗かったけど、この家は朝起きたときに明るくて気持ちいい」と言うくらい、とにかく快適に過ごしています。また、家族構成に合わせて、動線や配置に配慮した間取りにしてもらったことも良かったです。そして、屋根には太陽光発電パネルを搭載しました。太陽光発電は、これから新築住宅を考えられる方にもおすすめします。
家の完成後も、いろいろなイベントに誘っていただいています。特に「お施主様会」でのバーベキュー大会は、他のお施主さん方ともふれ合えるとても楽しい機会です。
新居に引っ越し後、以前に住んでいた家は貸家にして、ヨネダの不動産部に入居斡旋を依頼しました。その後入居者も決まり、引き続き賃貸管理もお世話になっています。ヨネダさんとは、いろいろなお付き合いが続いています。

設計担当者:大槻 宗行

2世代のお住まいということで、「家族みんなが住みよいプラン」を心掛けました。
花粉症対策の室内物干し、風通りの良いLDK、吹き抜けのある明るいダイニングなど、ご家族が思い描かれていた家の実現のお手伝いができて嬉しく思っています。

営業担当者:大槻 芳郎

ご家族の仲が大変良く、お母様のことを考えた家づくりをされました。私もいつも気持ちよく打ち合わせをさせて頂きました。
お母様には、訪問の度にお土産にとお菓子をくださったり、とても可愛がって頂きました。