先輩社員の声

ヨネダリフォーム篠山店

末廣 聡美
SATOMI SUEHIRO

ヨネダリフォーム篠山店
リフォームアドバイザー
2009年入社(30歳)
畿央大学
健康科学部 健康生活学科人間環境デザイン専攻 卒業
奈良県出身

資格:
福祉住環境コーディネーター3級

ヨネダに決めた理由

リフォームがしたい。

一番の決め手は、リフォーム事業部に配属になれば営業も、施工管理も出来ること。
二番目の決め手は社長との距離が近いこと。また、社員同士の仲が良いこと。
三番目の決め手は、女性に優しい建設会社だったから。
最初からずっとリフォームと言い続けていたからか、入社後無事にリフォームにちゃんと配属になりました(笑)
自分のやりたい仕事が出来るのはこの会社しかないと思いました。大手に比べれば、劣るところはたくさんあるかもしれませんが、何よりも仕事を楽しく出来る会社はヨネダしかないと思います。

子供の頃の夢

『けんちくし』

私は小さい時から家に興味がありました。
中学生くらいまでは小さな団地に住んでいましたので、大きな木造の家で暮らすことにすごく憧れていました。
おそらくそんなこともあって、小学生の時のアルバムなんかを見ているとあちらこちらに『けんちくしになりたい』と書いてあります。
中学生になってバンドのおっかけをし始め、大きな建築物であるコンサートホールなどに興味を持ち始めました。
さらに高校生になると田舎に引っ越ししたことから、もっとゴージャスな古民家に住みたいと思うようになり、そこからリフォームに興味を持ち始め、大学もその方面へ。

現在の目標

仕事のデキる女はプライベートも充実している。

仕事では、二級建築士を今年こそ取得することです。それから、篠山店の知名度をもっと上げていくということです。日々一生懸命尽くすことで、お客様の信頼度があがると信じています。
また、プライベートでは万年ダイエッターの異名を持つ私です…。今年も手を替え品を替え、頑張っていきたいと思います。今年こそはダイエットに成功して…。是非入社をお待ちしております(笑)

仕事上のエピソード

地図の読めない女。

入社して一年目。この仕事をする上で一番困ったことは、地理感が全くないことです。
地図を読むことも弱くて、最初の頃は会社からの凄く長い地図を出してもらってやっと現場に着いていました。
今でも入社一年目に仕事を貰ったお客様に出会うと「道によう迷っていたなぁ、あんた」と言われます。転勤になって、篠山六年目にしてやっとこちらの地名もわかるようになってきました。でも、迷って色んな道を走っていると、徐々に近道が覚えられますし、行ってみたいお店なんかも見つかって面白いです。

オフの過ごし方

篠山市民。

基本的に篠山で過ごす事が多いです。朝は家事をこなし、昼からはのんびり篠山市街を歩いたりしています。
篠山の古い街並みはとっても興味深いです。
ちなみに、商店街の中には美味しいチーズケーキ屋さんがあったりします。休みの毎に新しいお菓子屋さんを探したりしています。あ、勿論ごはん屋さんもね。

pagetop