先輩社員の声

住宅事業部

佐久間 圭
KEI SAKUMA

住宅事業部 施工管理
2015年入社(24歳)
びわこ成蹊スポーツ大学
スポーツ学部 スポーツ情報戦略コース 卒業
京都府出身

ヨネダに決めた理由

会社の雰囲気。

ヨネダに決めた理由は会社の雰囲気です。私は建築のことを学んできていないので不安もあったのですが、会社説明会の時などでも社員の方の雰囲気が良く、いきいきと仕事をされているのが伝わってきて、この会社なら頑張って仕事ができると感じたからです。実際に入社してからもバトミントンやソフトボールに誘ってもらったり、フルマラソンにも参加してきました。今年の冬はスノーボードを始めようと思っています。いろいろなことに活発で雰囲気も良いのが決め手になりました。

子供の頃の夢

プロ野球選手。

小学校の時の夢はプロ野球選手でした。しかし、中学生の頃に対戦した相手にすごい選手がいて「こういう人がプロ野球選手になるんだ」と感じてプロ野球選手はあきらめました。それからは、社会人野球の選手か野球部の監督になりたいと思っており、野球のことしか頭になかったです。結局今でも、休みの日には草野球ができているので満足しています。

現在の目標

できることを増やす。

私は、建築のことを学んでいなくて毎日の仕事でわからないことが多くあります。わからないことが多いと、信用して仕事を任せてもらえないと思います。なので、自分ができることを増やして、「こいつに任せておけば大丈夫」と思ってもらえるようになることです。

仕事上のエピソード

いろいろな方が見てくれている。

仕事中に、現場の近隣の方や歩行者の方にあいさつをすると「良い家ができてきてるなぁ」とか「暑いのに頑張っているなぁ」と声をかけてくれたりします。そういう言葉をかけていただいたりすると、うれしい気持ちともっと頑張ろうと思えるし、普段からいろいろな方が見ているんだと気が引き締まります。

オフの過ごし方

野球。

オフの日は、草野球に行っています。仕事で疲れていても、身体を休めるより野球の試合に行っている方がリフレッシュになります。福知山のチームで、まだB級ですが、来年はA級に上がることを目標に頑張っています。会社の方もチームは違うのですが、草野球をされているので対戦して勝ちたいと思っています。

pagetop