京都府の建設会社(株)ヨネダ(旧米田組)は新築住宅(住宅建築)、リフォームのご提案から、工場建築、太陽光発電、賃貸マンション・不動産売買物件仲介まで承っています。

カテゴリー別記事: 社内

あぁ・・・・。。

2009年09月19日(土)

住宅やリフォームのお客様まわりをしておりました。

馴染みのお店で菓子折を用意しました。

珍しく、玄関には可愛い標示がしてありました。

おかみさんに聞きますと、お嫁に行かれた娘さんが、しゃもじで作られたのこと。

おかみさんはとても品のある方で、季節季節の会話が楽しいです。

ちなみに弊社のお客様でもあります。
 

2日間で8軒ほど廻りました。

旧知の方も多く、家に上がらせて頂いて四方山話をしたりしながら楽しく廻りました。
 

 
夕刻大江町の谷筋の村にご挨拶に行きました。

前日お留守であったために、道路状況が分かっておりました。

車を帰りがけに便利と言うことで、坂道の三叉路でUターンさせようとバックしました。

・・・・妙な違和感が・・・・。。

「あぁ・・・・。。」

・・・車が平衡を失い、どうやら後輪が路肩に落ち込んだようです。

路肩と言っても斜面です。
 

以前も綾部の白道路(はそうじ)でバックでU字溝に脱輪し、無事自力で脱出したことがありました。

・・・・・密かに・・・自信を深めておりました。
 

「今回は無理やろなぁ・・・。」

・・・秋の日は釣瓶落としで・・・日も暮れてきました。
 

 
気を取り直して、お客様宅に挨拶に上がりました。

車は道路を半分遮断した状態です。

社員のI君のお母様のご友人と言うことで、機嫌良く話して頂きました。

 
車に戻り、おもむろに長靴を履き、軍手をはめました。

トランクの中からジャッキを出して、ジャッキアップを試みました。

なんせ・・・・、車が大きいので、僅かしか上がりません。

少しタイヤが浮きました。

それから、廻りを見渡すと上の方の道路の法面に、クヌギらしき幹の折れたものが何本かあるので、2本引きずってきました。

タイヤの下に噛ますようにして、2本敷きました。

1本は車の上がる方向に曲がった幹ですので、特に彼の活躍に期待することにしました

「・・・多分、幹は斜面にずるやろなぁ・・・。」

 

運転席に戻り、ハンドルを戻して、・・・意を決して・・・バックしました。

鈍い感触と共に、グイッっと後輪が持ち上がりました。

降りてみますと、運転席の下は、すり鉢のような状態で、

どうやってこの車ここにもってきたん・・?

みたいな状態でした。
 

・・・やっと平静を取り戻して、カメラに収めました。(笑)

何回か切り返しをして無事脱出しました。

汗びっしょりになりました。
 

 
・・・メデタシ・・・メデタシ・・・。。


夜の気配

2009年08月06日(木)

自転車で家に向かう。

夏の夜の気配が、心地よい。

街灯にぼんやり浮かぶ街路樹の百日紅(さるすべり)も、季節に良く合う。

若い頃、つれづれなるままに、著名な作曲家の團伊玖磨氏のエッセイ「パイプのけむり」シリーズを数十冊読みました。

もっとも印象深い話があります。
 

氏が若年の頃、欧州に遊学中、中東のパリと言われたイランの首都テヘランに遊んだときの話しです。

テヘランはマロニエの似合うとても美しい街だったそうです。

氏はそこで、舞踊団の美しい娘と知り合う。

・・・・漆黒の闇の中で、褐色の肌が光った・・・。
 
 
とても幻想的な話しでした。

そんなことを思い出しながら、夜の気配の中、ペダルを漕ぎました。
 

 
花の街

七色(なないろ)の谷を越えて
流れて行く 風のリボン
輪になって 輪になって
かけていったよ
歌いながらかけていったよ

美しい海を見たよ
あふれていた 花の街よ
輪になって 輪になって
踊っていたよ
春よ春よと 踊っていたよ

すみれ色してた窓で
泣いていたよ 街の角で
輪になって 輪になって
春の夕暮(ゆうぐ)れ
ひとりさびしく ないていたよ

 江間章子作詞・團伊玖磨作曲


休日

2009年07月21日(火)

朝食後、たまっている暑中見舞いや礼状を書く。

高校の恩師・青木建設時代のお世話になった所長お二人・以前米田組に勤務していた○○くん・・・・。

書き出すと悪筆ながらどんどん書ける感じ。


 

その後、副島隆彦氏の「日米振り込め詐欺大恐慌-私たちの年金・保険は1/3に削られる。」を興味深く読みました。

米国で行われたCDS(クレジットデフォルドスワップ=企業の債務不履行の保証・保険の証券化。著者曰く「企業の臓器売買」)などの巨額なデリバティブのギャンブル額の総計はなんと8京円。米国は真水の部分(5%)の痛みを伴う処理だけで、4,000兆円の処理が必要。日本はバブル崩壊で15年間かけて実損で200兆円を処理を済ます。比較してその巨額さが分ります。

日本は土地等の実物に対するバブルで、自ずから額に限界がありました。米国は一種の証券化のギャンブルで天文学的数字です。

著者は「120年周期で世界覇権の交代」という歴史的観点からも述べている。

日本や中国が買い続けている米国債。

貨幣の増刷という不気味さが感じられます。
 
 
午後から2週間ぶりのテニスの練習。○○荘に行くも暑さのためか参加者少なし。

午後遅くから、しとしと雨。雨に濡れて気持ちいい。

仕舞いがけに横殴りの雨。突風と共にずぶ濡れになる。

スコールを浴びているようなもの。濡れながら日よけのターフなどの撤収を行う。

靴の中までぐしょぐしょ・・・。

巨大な滝にあたっているようで、かえって・・・気持ちが良い?

夫婦とも濡れ鼠で車に乗る。

ほうほうのていで帰宅。


泣きたくなるほど・・・。

2009年06月22日(月)

かねてより施工させて頂いておりました、両丹日日新聞社様の北近畿新聞印刷センターの竣工式が行われました。仕事柄各界のご来賓の方を招かれ、盛大に挙行されました。

新鋭の印刷機械が入り、待望のカラー印刷も出来るそうです。近隣の友好関係にある地方紙の印刷もされるそうです。

竣工式を待つ間、隣の市の新聞社の社長さんが私におっしゃられました。

「米田さん・・・、私もこの業界に長くいますけれど、今日は泣きたくなるほど嬉しいです。若い頃に大阪の新聞社にいました。新しい工場が出来て、新しい印刷機が回り出したとたん、経営者夫妻が泣き出しました。若い頃でしたので、・・・・なんで泣き出すのかと思いました。今その気持ちが分かります。私も泣き出したくなるほど嬉しいです。」

・・・有り難く拝聴しました。


空梅雨?

2009年06月19日(金)

一気に夏らしくなってきました。

玄関には、米田組を退職されたMさんのご主人が、又新しい花を届けて頂きました。

不動産部のAさんも今朝は取れたてのキュウリを持ってきて頂きました。

リフォーム部の新人のSさんもお客様から鯛やサニーレタスを頂いているようなので、声を掛けました。

「よかったね~。食べ物に不自由せんし・・・・。」

「えぇ~。最近買い物行ってないんですよ・・・。。」(満面の笑み)

・・・感謝感謝です。