京都府の建設会社(株)ヨネダ(旧米田組)は新築住宅(住宅建築)、リフォームのご提案から、工場建築、太陽光発電、賃貸マンション・不動産売買物件仲介まで承っています。

ホーム > ヨネダ社長ブログ

ヨネダ社長ブログ

大暑

2017年07月26日(水)

早朝姫路市の飾磨区に向かう。

電材会社様の営業用倉庫の地鎮祭でした。

ほれぼれするような立地で皆で機嫌良くお祓いをしました。

近在の恵美酒宮(えびすぐう)天満神社様にお祓いをして頂きました。

菅原道真公が祭神だそうです。

宮司様の黄色の装束が鮮やかでした。


 
 
 
昼頃には会社に帰りました。

午後強い雨が降りました。梅雨明けに雨が多い気がします。

夕刻にめがけて綾部方面のお客様の処へ挨拶に上がりました。

上林の奥の故屋岡という集落です。

会社から40数キロありほぼ福井県堺です。

弊社の先代が昭和28年の水害の折に集落へ入って災害復旧工事に従事した場所です。

道中あまごや鮎の釣りの注意看板が見られる。


 

お客様のお宅に上がると奥様がおられてご挨拶をさせて頂く。弊社で数回リフォーム工事をして頂きました。

前回も一度ご挨拶に上がっている。

昭和28年の水害の折に弊社の先代がこの集落に入らせて頂き河川の蛇篭工事をした旨をお話ししました。

「・・・家の前は皆蛇篭ですよ。家の前が水でいっぱいになり70年生きてきて一番怖い目をしました。」

丁度弊社の創業65年の社史に故屋岡や前の河川の古和木川の工事の写真が入っているので社史を送らせて頂くとお伝えしてお別れしました。
 


 

 
 
丁度行く前に母の処に寄る用事があり、雨が小降りになり「今から綾部の故屋岡行ってくるわ・・・。」と話しますと

若い頃に父と上林の故屋岡に入っていた母は

「故屋岡は綾部の一番奥や。あの頃のことを昨日のことのように思い出すわ。」

とのことでした。

星霜幾年月ですね・・・・。

 
 
・・・帰りに上林から小さな峠を越えて渕垣を通って七百石のお客様のお宅にも寄りました。

以前に住宅の離れを建てさせて頂き、今回キッチンを入れさせて頂きました。

少し遅い時間で失礼でしたが寄らせて頂きました。

弊社の退職されたIさんの友人であられるご両親、ご本人様三人で外に出て頂き見送って頂きました。
 
多くの皆様につくづくお世話になっております。
 
 
 
 
こんこんと 水は流れて 花菖蒲  
                臼田亜浪


よくぞ・・・。

2017年06月30日(金)

今日はお客様のバイオマス発電所(パーム油)の竣工式がありました。

その後ホテルで懇親会があり皆さんで機嫌よく竣工を祝いました。

パーム油のバイオマス発電では日本でも初めての規模の施設で国内外の様々な企業から見学の依頼が入っているそうです。

 
 
 
帰社後、作業服に着替えて現場に向かいました。

河川の樋門の上屋を施工しています。

高所作業のため空き時間をみては現場に行くようにしています。

行ってみますと現場監督4人で墨出しや既設の機械の養生をしていました。

足場の上から心地よい風に吹かれて望む景色は絶景?です。

 
 
 
今年の冬場は工業用取水施設の耐震補強で地下12Mまで縦坑を掘り下げる現場に通いました。

・・・河川敷で風の吹きっさらしで寒さ厳しい中、安全パトロールに行って「これは・・・容易な現場ではないな・・・。」と感じました。


 

矢板を打って、5段に分けて順番に切り梁、腹起こしを入れて順々に掘り下げていきます。

狭い区域にミニユンボを入れて掘っていきます。

ややこしいことに以前の施工の折の綱矢板が引き抜かずにあるため、その都度ガスで切って掘り進みます。

12M下の地盤に到達するまで階段設備は付けれないために、作業員は梯子で垂直に降ります。

安全帯(命綱)に落下防止装置付きの親綱を装着します。
 
協力業者の方にも厳しい条件の中、本当に良く協力して頂きました。

何時も現場に張り付いてコツコツと管理している2年目の弊社のN君も鋼矢板の表面の乾いた泥が身体に擦れる為、ヤッケの上下は何時も埃っぽいです。

現場での仕事は本当に好きそうです。

地盤に到達した時には少し「ホッ!」としました。
 
 
 
・・・そんな仕事も日々通う内に少しずつ工程が進み、現場の変化が見えてきて仕事が面白く感じました。

担当者は雪が舞い寒風吹きすさぶ中、安全面、品質面で神経をすり減らす毎日であったと思います。
 
 
 
・・・4月の声を聞くと気温も上がりだし現場事務所から徒歩で現場に向かう堤防の上からは桃や桜の花もここかしこに望まれ、ヒバリの鳴き声も聞こえとても愉快な気分になります。

そんな時は

「よくぞ建設業で・・・」と得をした気分ですw


若葉の頃

2017年05月10日(水)

連休の一日家内と春日町の三尾山(586m)に登ってきました。

舞鶴若狭道の春日インターを過ぎて直線を過ぎ登り勾配の前に見えてくる岩山です。

多紀連山の一峰で春先は山中に点在するコブシや山桜の美しい山です。

春日町の栗柄峠に向かう道の東中の処に「三尾山登山口」の看板が上がっていました。

ルートはこんな感じです。

高速道路の高架下の処に車を止めて山道に向かう。

軽トラックが走れる程度のつづら折りの山道が途中まで続く。
 
 

・・・何という花でしょうか?


 
 
 

1時間ほどで佐中峠に到着。

これより左折して登山道に入る。

「此処より熟練者」の表示に緊張が走る・・・。

新緑の楓(かえで)が美しい。

森林浴のようで心地良い。

20分ほどで稜線にでる。

稜線を左に曲がり三尾山山頂に向かう。

岩場の登りもあり、はいつくばって登る。

ようよう山頂に到着。

眺望が素晴らしい。

山頂で小野市から登山に見えた70歳ぐらいの方と暫しお話しをする。

69歳から急に山に登りたくなり、現在「兵庫百名山」を踏破中との事。

丁度我々が奈良の山辺の道を歩いた頃に吉野の桜を見に行って来られたそう。

人で人で・・・三分間のロープウェイに乗るのに一時間半待たれたとの事。。

キセルで美味しそうに煙草を吸われる。

おにぎりを食べてお別れして稜線を1時間ほど縦走する。

途中硯岩を越える。

鏡峠(425m)に到着して一服。

だらだら坂を30分余り下りると麓の集落についた。

それからリフォームのお得意様のお宅の前を通りながら高架下のスタート地点に1時間ほどで到着。

都合4時間程気持ち良い汗を流しました。


 
 

 
 
・・・帰宅後早い時間から七輪で炭をおこして庭というかお勝手でBBQ。

・・・二人でまったりと夕食。

炭で焼く軽く干したニシンが美味。

月も出てきて今宵も気になる声が聞こえてくる・・・。

「ホッホー♪・・・ホッホー♪・・・」

どうも梟(ふくろう)の様な気がする・・。

iPadで調べると「アオバズク」(ふくろうの一種)でした。

・・・のんびりと夜は更けていきました。


大和は くにのまほろば

2017年04月11日(火)

桜の季節、家内と思い立って奈良の山辺の道(やまのべのみち)を歩いてきました。

大和の古道で奈良盆地の東の三輪山・二上山などを望む山裾を縫うようにして進む道です。

道々には石上神宮や崇神天皇陵や景行天皇陵などの古墳、桧原神社、大神神社(三輪山そのものがご神体)などがあります。

春の花々に囲まれどこか懐かしい日本の景色を楽しみながら歩きました。

近鉄天理駅から近鉄桜井駅まで都合16km約5時間半の行程でした。

京都から近鉄電車で1時間20分天理駅に着きます。

天理教の教団本部の偉容を過ぎ石上神宮からのスタートになります。

石畳の道もありました。集落や丘陵を縫うように道が続きます。

要所の角に案内板が設置されています。

道々も混んでなく思い思いのグループで歩いておられました。早朝福知山を出た時は雨模様でしたが天理駅では雨が上がり気持ちよく歩けました。
 
 

 
帰りは京都の東寺に寄り夜桜の拝観をしてきました。大変な行列で挫けそうになりましたが、思いの外行列が早く進み境内に入れました。ライトアップされた桜と五重塔の偉容と大きな仏像群に圧倒されました。

「・・・三十三軒堂行ったことある?仏像見たら背中がぞくっとするよ。」の声。

機会があれば見に行きたいと思います。

 
 
 
大和は 国のまほろば  たたなずく 青垣こもれる 大和し 美し
                        (倭健命 ヤマトタケル)


日野菜

2017年03月31日(金)

「日野菜がお嫁にいくときはー ほんのりさくら色にお化粧してー
 畑の仲間に送られてー 明日ーはあなたの食卓へ♪」

最近覚えた歌です。

時々朝食の時に日野菜を食べながら鼻歌で歌っています。

節はヨドバシカメラのCMソングと同じです。

「まーるい緑の山手線 真ん中通るは中央線
新宿西口駅の前  カメラはヨドバシカメラ♪」

 
 
さて、3月末となり弊社にも新入社員が8名入社しました。

前の日から例年になく彼らの入社が嬉しく思っていました。


 
新入社員研修を3日やりましたが、最後は「大きな夢をもって」という言葉で結びました。

37年前に3ヶ月間の研修が終わり配属が決まり渋谷駅前の勤務先の本社から川越処理場の現場にいち早く向かった若き日を懐かしく思い出しました。

伸び伸びと大きく育って欲しいと思います。
 
 
 
昨夜は8年間勤務してくれた女性社員が近畿地方の郷里に帰ることになり、同期入社の3名と送別の宴を囲みました。

お昼には綾部市のお得意様が餞別をわざわざに届けて頂いたとの事です。

楽しく歓談し別れを惜しみました。

明日は市内某所で約七十名の送別の宴がはられます。

彼女の前途を祝したいと思います。